<< 本番間近だー! | main | ドラフト発表 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

    本番間近だー!

    0


      こんにちはこんばんは。



      この記事を見てくださっているということはもう,ご覧いただけたということですよね?(←謎の煽り)



      ご覧になってない方は是非,らご覧あれ。



      さてインタビューの続きに入ります。



      △虜能蕕井出風人さん!




      (カメラを向けると顔隠す)事務所NGなんで。



      ー(笑)あ、じゃあ今すぐ許可にもらいに。

       


      まぁばかなことはやめといて(笑)



      ーはい、こんにちは。



      あ、どうもどうも。



      ー風人さん含め、今回は初役者の人が4人という状況でのスタートでした。そこから2ヶ月弱練習してきましたね。率直な感想を教えてください。



      いや〜、あれですね。ぶっちゃけ自分含めてみんなまだまだなんだなって思ったかな。役者経験があるゆりか(松浦)と秀光(渡辺)は全然違うなってことを思ったってことと、1ヶ月半経って、あ、ここまできたか。と思いました。



      ー自身の中で変化を感じ取れたと。



      それもあるし周りもそうだなって思ったし、とても楽しい期間でした。



      ーはい。ありがとうございます。

      自分の役について苦労したところ等ありますか?



      苦労したところは声の出し方が独特だから意識しなきゃいけないって思ってるのと、あとキャラを考えると人一倍声出さなきゃいけないし。セリフ量は多いわけじゃくて、だからこそ一言一言に重みがある役だったから。そこが苦労した点かな。



      ーなるほど。では最後に一言意気込み等お願いします!



      意気込み…あ、喋りが下手なところは編集でなんとか。お願い(笑)まぁそれは置いといて、まだ実力が足りないなっていう感じだね。あと、意気込みね。何がいいと思う?(舞台監督の方を見る)



      (舞監) え、『頑張ります(笑)』でしょ?



      頑張ります(笑)いや、そんなふざけたことしたら怒られるよ。頑張るので観ていってください。はい、

      以上です。





      井出さんからは本当に役者を楽しんでいる雰囲気が伝わってきました。しっかり考えているんだなと芝居を見てて感じます。彼の演じる姿もまた、見どころの1つとなるだろう。




      続いて役者はラスト、

      松浦夕里花さん!



      ーお疲れ様です。



      お疲れ様でーす。



      ー先ほどまでテクリハでしたが、いかがでしたか。



      めっちゃきつかったです。(笑)  自分が主要になってくるシーンで焦っちゃったんで、あの、いろいろやらかしました。申し訳ないでーす



      ーオペセクの人たちも頭を悩ませていましたね。



      そうですね。今回すごい大変そう。人数も少ないから。だからこそ団結もすごいです。なんか、見えます。



      前回に引き続き役者となりました。今回の演出である智士さんをカウントしないとすると全員初めて同じセクションという状況でした。その中で1ヶ月半練習してきていかがてすか。



      おもしろいです。(笑)



      うすっぺらいな!(笑)



      えー、すごいおもしろいの。なんかふざけてるのかなって思ったら、やるときはすごいやるし、意見交換もしてて信頼し合ってるんだなっていうのも感じたし、一緒にやってて楽しいなって、思いまーす。



      ありがとうございまーす。



      (横に秀光さんがいて)すごい頼りになる先輩方です。1年生は私がとても仲がいい子なのでとても安心して演技ができる



      (渡辺)まぁゆりかが引っ張ってくれるんで僕は安心して演技してます。



      ちょっとよくわかんないです。



      (渡辺)まぁほんとに頼りになる先輩なんで。



      先輩。先輩?いや一番引っ張っていってくれてる。主人公で。



      (渡辺)雑魚ですわ。



      えー。そんなことない。



      (渡辺)遅刻するから。



      遅刻は仕方ない。



      (加藤)どうしようもないど底辺



      (渡辺)雑魚だから、クソ雑魚だから。



      ーバイトで疲れすぎでしょ。



      それはめっちゃ思う。



      ーはい、ということで意気込み等、一言お願いします!



      わー意気込みだー。今回、6公とは真逆というか全然違う。葉月(6公時の役名)のときも初めてな感じの役で、今回も



      ーいてっ(島田段差でコケる)



      お、大丈夫?(笑)



      ーごめん、大丈夫。(笑)



      気をつけてー。

      今回もめちゃくちゃ挑戦の役ではあるし、



      (渡辺) 俺はいつになったらこの負のループから抜け出せるんだろう。(6公碧のセリフより)



      やめろー。碧〜。



      ーこの人ほんと悪い人です。



      (渡辺)あぁもうイライラするんだよそうやってうじうじしてるところが!



      碧に関係ないじゃん!

      (以上、6公のセリフより)



      6公を引っ張り出さないでください(笑)



      はい。そうねー。年も全然自分とは離れてるっていうのもあるし、そういうので悩むところもあるなーって感じだったんですけど、いやー楽しい



      ー普段の自分とは違うところが。



      そうですね。全然。あー、でもどうなんだろう、違うか。違うな。

      後半シーンで活躍するので。



      ー後半は特に見所満載ですね。



      細かい部分をすごくこだわってるんです今回。ほんとに。動きとかも表情とかもわりと伏線になってたりするので。そこの部分。ま、2度観たらわかるよっていうのもあります。2度見、大事。



      ー装置メンバーでも2回見るとわかるねっていう話してたところです。



      うんうん、言ってたね。そうするとほどける部分もあると思うので。噛めば噛むほど美味しいみたいな。



      ー(笑) 味長持ちみたいな。(?)



      そう。美味しいので。今回も全力投球でやらせていただきますぜひぜひ観に来てください。よろしくお願いします。






      松浦さんは前回公演も役者。連続ではあるが役柄は全く違う。相当なギャップがある。だが彼女の実力は確かなものである。普段こそ明るく振る舞うが、多彩な表情を作り上げるその目からは芯の強さを感じた。とても難しい役どころとなるが、やりきってもらいたい。






      最後に、演出インタビューです!

      加藤智士さん!




      演出の智士さんですね。



      たぶんそうです。



      ー(笑)  改めてこんにちは。



      たぶんこんにちは。



      ーたぶんこんにちは。(笑)

      明日ついに本番となります。ここまでいかがでしょう。



      まぁ僕はやることはやったのであとは前説と後説を考えて役者たちに託しまーすお疲れ様でーす



      ーお疲れ様でーす(笑)

      仕上がりという点においてはいかがでしょう。



      仕上がり…?どういう点において?



      ーそうですね、初役者の方が半分いる中で、



      初役者とは言ってもみんな2年生だからね。



      ーそうですね。これまでの公演を観てきた人であることから、飲み込みが早かったのでは、と思いますが。



      そうだね理解は早かったりなんなら役者0.5回分は蓄積されてるようなものだったし。側から観ているだけあって。



      楽しみにしています。それでは今回の舞台に関して演出からの意気込み等あればお願いします。



      ワシの作品を観るんじゃ。



      ー(笑) 



      まぁ、全部、全部ひっくるめてね。

      音響・照明、役者の演技、制作が作ったパンフ、装置もそうだし色々と全部ひっくるめて作品だから、全部観てほしいな。











      加藤さんは役者の経験が豊富。その役者の経験と彼の独創的な発想から作られたこの作品はインタビューにもあったとうり、全てが見どころと言っても過言ではないだろう。この劇を観る人の心不思議な世界へいざなうような舞台になっている。



      是非ともこのブログを見てくださった方、観劇にいらしてみては。




      僕自身の感想ですが、今日(8/30)の通しは、脚本を知っているのにずっとワクワクして観たいられたということが素直な感情です。




      それでは今回は宣伝とともにお別れです。

      こんなクソまじめすぎて気持ち悪い記事を読んでくださりありがとうございました。






      作品名seeker

      脚本・演出    加藤 智士

      会場   東海大学コムスクエア音楽ホール

      時間  1回目(1ステ)  8/31  13:00〜

               2回目(2ステ) 8/31  18:00〜

               3回目(千秋楽)  9/1  13:00〜


      なお、開場開演の30分前からとなっております。




      posted by: 東海大学 文化部連合会 演劇研究会 | 舞台監督補佐 | 12:48 | - | - |

      スポンサーサイト

      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 12:48 | - | - |